有利な離婚を進めるために必要な離婚の種類に関する知識


離婚を考えているが、このまますんなりと離婚をしてくれるかわからない、または離婚のために必要な財産分与でもめてします可能性があるなど、離婚に対しての不安はつのる一方です。

そこで、まずは離婚について詳しく知ることから、離婚ではどのようにしたらいいのか考えてみましょう。

離婚には大きく分けると4つの種類が存在します。

・協議離婚
夫婦同士が合意した場合に取られる離婚の方法であり、お互いの合意が無かった場合にはとることが出来ない離婚の種類です。

・調停離婚
夫婦のどちらかが協議離婚で合意しなかった場合に取られる離婚の種類で、家庭裁判所に調停を申し込むことが出来ます。

・審判裁判
調停離婚でも合意することができなかった場合に取られる離婚の種類です。家庭裁判所が調停の内容を検討して、離婚すべきであると判断した場合に離婚が成立します。

・裁判離婚
裁判離婚では、協議、調停、審判のいずれでも離婚に至らなかった場合に取られる離婚の種類になります。
離婚できなかったときの最終手段として裁判離婚があります。

以上の4つが、離婚の方法の種類になります。
離婚をする場合には、これらの離婚の種類について知っておき、もしも離婚がこじれてしまって、どうしたらいいのか悩んだときに対処しましょう。
 





コンテンツ